要介護認定

介護の相談/介決サポーター

介護認定の遅れと対策。介護保険証はいつ届く?

「介護保険の認定を申請したけれど、まだ保険証が届かない!いつ届くの?」届かない保険証にヤキモキされている方も多いかと思います。 今回は介護保険の認定遅延の問題について、ユーザー様からの質問に回答します。 介護者様 先日、夫の介護保険の申請を...
介護の相談/介決サポーター

介護保険証を紛失⁉これってヤバい?保険証をなくしたときに取るべき行動は?

相談:介護保険証をなくしてしまったら、どうするの? 今回も在宅介護に関する質問をいただいています。 最近、父の物忘れが多くなってきて、友人に相談したら介護保険を申請したら?って言われたんです。 80歳を過ぎてどこにも出歩かなくなって、足腰も...
介護コラム

【初心者向け】要介護認定ガイドー 要支援と要介護の違い、申請の流れや方法についてもわかりやすく解説

厚生労働省の介護保険事業状況報告によると、要介護(要支援)認定者は全国682万人(2020年度末時点)で、このうち、約66%が要支援1〜要介護2の軽度の認定者です*1。要介護認定は、介護サービスを利用するための最初の一歩です。この記事では、...
介護コラム

認知症の方の要介護認定のポイント。使えるサービスや施設についても解説

内閣府の高齢社会白書によると、65歳以上の要介護者(総数)における、介護が必要となった主な原因で最も多いのは「認知症」*1です。また、2025年には65歳以上の高齢者の約5人に1人が認知症になるとの推計*2もあり、認知症と介護は切り離せない...
介護コラム

要介護5で在宅介護は無理?自宅か施設か、介護の費用と負担軽減方法を解説。(2024年報酬改定版)

要介護度5は、要介護認定の中で最も介護が必要される段階に位置し、介護なしで日常生活を送ることはほぼ難しく、全面的な介助が必要になります。要介護5ともなると、最期の過ごし方についてもご家族で具体的に話をしていくことも大事です。この記事では要介...
介護コラム

要介護4で在宅介護は限界?要介護5との違いや、かかる費用、施設への入居について解説(2024年介護報酬改定版)

要介護4は、7段階ある要介護度(要支援を含む)の中で、介護状態が2番目に重い状態になります。要介護度4ともなると、在宅介護の負担も増えることから施設入居を検討するご家族の方も増えてきます。ここでは、要介護4と認定された方のご家族の方に、入居...
介護コラム

要介護3とは?特養の入所申込は先着順?要介護3で利用できるサービス。在宅介護が無理と感じたら?(介護報酬改定版)

要介護3は日常的に介護が必要になる場面も増え、常時介護が必要という方も多くなります。特別養護老人ホームへの入所対象となることから、在宅か施設という選択をするタイミングでもあります。在宅でも介護保険サービスを活用し、生活を続けていくことは可能です。
介護コラム

要支援2だと損なの?要介護の違い。要支援認定のメリット、デメリット。一人暮らしはできる?(2024年報酬改定版)

家事や身支度などの日常生活に一定のサポートが必要となる状態を「要支援状態」といいます。要支援2は、要支援1の状態よりわずかに介護状態の必要度が増した状態で、要介護1の前段階に位置します。ここでは、要支援2と要介護1の違いや、支給限度額、受け...
介護コラム

要介護2は一人暮らしできる?デイサービスは週5回使える?介護2認定で利用できるサービスや福祉用具、施設について解説(2024年介護報酬改定版)

要介護2では、日常の生活動作において部分的もしくは全体的に介護が必要な状態です。要介護2に認定された段階では、身の回りのことが思うように自力でできなくなってきているため、つらい思いをしてしまう方もいらっしゃいます。要介護2と認定された方のご...
介護コラム

要支援1の一人暮らしは可能!21.5%が一人暮らし。家事・買物など独居生活の頼れるサービスを解説(2024年報酬改定版)

要支援1で一人暮らしはできる?要介護認定で認定される7段階のうち、最も自立に近いのが要支援1。常時介護が必要ではないものの、予防のためサービスや支援が必要です。介護度はあくまで目安ですが、適切なサポートを受けることで一人暮らしも可能です。
介護コラム

要介護1の方が利用可能なサービスは?介護1・認知症でも一人暮らし可能?ケアプラン例を紹介(2024年報酬改定版)

寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態を「要介護状態」*1といいます。なかでも、要介護1認定者は日本全体の要介護(要支援)認定者全体で最も多い割合*2となっています(2022年5月現在)。要介護1と認定されると、介護保険を利用してさ...