在宅介護

介護コラム

「徘徊」と言わない理由。認知症高齢者の徘徊は「ひとり歩き」と言い換えるべきか?

先日、警察庁生活安全局が「令和5年における行方不明者の状況」を発表しました。驚くべきは認知症に係る行方不明者の状況についてのデータです。 年々右肩上がりに件数が増え、昨年は過去最高の1万9,039人が行方不明者として計測されています。2万人...
介護コラム

地域包括支援センターの4つの役割とは?相談だけではない、地域包括の機能と課題。

在宅介護は突然にやってきます。 在宅介護が必要になったときのために事前に準備をしているという方が実はあまり多くなく、突然やってくる介護に戸惑うという方が多いです。誰に相談したらいいのかわからない。という方にまず知ってほしいのが「地域包括支援...
介護コラム

いきなり2級で合格できる?福祉住環境コーディネーター資格とは。難易度や勉強法について

介護福祉分野には様々な資格があります。介護職員初任者研修・介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネ)など、様々な資格を持った専門職が働いています。その資格のひとつに、福祉住環境コーディネーターという資格があります。 福祉住環境コーディネーターは...
介護コラム

土日に利用できるデイサービスってあるの?割増料金はある?祝日の利用など、わかりやすく解説。

このような質問をいただいているので紹介します。 利用者家族 私と夫と義理の母の3人暮らしです。母はまだ自分のことは何とか一人でもできますが、だんだんと物忘れも増え、歩くときもだいぶふらふらするようになりました。先日もボヤを起こしたり、急に外...
介護コラム

外国人による訪問介護解禁!外国人ホームヘルパーとのコミュニケーションを豊かにする3つのヒント

在宅介護の基盤を支える訪問介護サービス。一人暮らしや高齢者のみの世帯が増える今、ますますその重要性は高まっています。しかし、訪問介護の担い手不足はますます深刻化しているのが現状です。今回、外国人介護士の訪問介護が条件付きで解禁されたことが報...
介護コラム

生活援助、廃止って本当?介護保険から生活援助・家事がなくなる日。

介護保険にはなくてはならないサービス、訪問介護。要介護高齢者の在宅生活を支える大きな意義を持つサービスです。 しかし、その訪問介護が大きく揺れています。訪問介護の主要な2分類のうちのひとつ、生活援助が介護保険から除外されるのでは、と危機感が...
介護コラム

【超難問】住宅改修って、ケアプランに位置づける?不要?軽微な変更に該当するの?

質問が来ていたので紹介します。 ケアマネ 担当の利用者さんが住宅改修をするんですけど、それ以外のサービスに変更がない場合は、ケアプランって変更しなくていいんですか?理由書は書くんですけど、ケアプランも直すとなると各事業所にも書類送らなくちゃ...
介護コラム

住宅改修、2回目ってできるの?限度額内で効率よく介護リフォームを。2回目以降の住宅改修のポイントは?

既に一度住宅改修を行ったものの、20万円の限度額を使い切っていない場合。──限度額のみ利用分を賢く活用する方法をご存知ですか? 介護リフォームは、高齢者や介護が必要な方の生活の質を向上させます。しかし、初回の改修では限度額を全て使用しなかっ...
介護コラム

新・処遇改善加算で利用料はどう変わる?2024年介護報酬改定による加算一本化、その影響と注意点をわかりやすく解説

近年、高齢化の進展や一人暮らし高齢者世帯の増加に伴い、介護サービスの需要が急速に増加しています。このような状況下で、介護職員の働きやすさや待遇改善は、介護サービスの質と持続可能性に直結する重要な課題となっています。2040年には69万人の介...
介護コラム

在宅介護の「不安」・「悩み」ランキング。実は、○○サービスの利用で、介護者の不安・悩みは軽減される。

はじめての在宅介護。いろんな悩みや不安がありますよね。 みなさん、どんな不安を感じているのでしょうか。 介護者様 今まで一人暮らししていた義母と一緒に暮らすことになりました。今は病院に入院中なのですが、退院したら一人暮らしはできないからと、...
介護コラム

【ケアマネ必読】AI活用で業務効率アップ!導入事例から学ぶメリットと可能性をわかりやすく解説

近年、介護業界は深刻な課題に直面しています。高齢化社会の進展に伴い、介護人材の不足や介護保険給付費の抑制、さらには介護サービス利用者の増加といった課題が顕在化しています。 特に、利用者のマネジメントを高度に行うケアマネジャーは、日々の業務で...
介護コラム

準ケアマネとは?ケアマネ課題検討会で飛び出した驚愕の新資格案。根本的な問題をわかりやすく解説(6/7最新)

「準ケアマネ」という資格案をご存じですか?ケアマネの人材不足が深刻化し、厚生労働省のケアマネ課題検討会では、ケアマネの業務を制限付きで行う準ケアマネ資格案が登場。準ケアマネの経緯や問題点、今後の検討会のスケジュール・可能性なども解説します。