住宅改修

介護コラム

ケアマネがいないけれど、介護保険で住宅改修ってできるの?介護リフォームのお悩み解決。

介護保険で住宅改修をしたい!でも、ケアマネジャーさんがいないと、住宅改修ってできないの? 実家の母が高齢で膝も悪いんです。でも自分で何でもやるって本人が言うので、介護保険の認定だけは受けたんですけど、介護保険のサービスは今まで一度も使ってい...
介護コラム

夫婦で住宅改修が必要な場合は、介護保険は二人分で使えるの?[複数の要介護者]

ご高齢の夫婦で暮らしている世帯も多くいらっしゃいます。年齢を重ねると、夫婦それぞれ、住まいに不自由な状況が生まれます。夫婦で住宅改修・介護リフォームが必要な場合について相談をいただくことも多いです。 相談者 私は腰が痛くて、妻は膝が悪い。ず...
介護コラム

既存の手すりは交換できる?太すぎる、固定できていない手すりの交換・移設方法と注意点

手すりは、移動動作を安定するための重要な設備です。ただ、その取り付け方や設置に関する問題があることも。実は、ご自宅で生活している方から以下のような相談を受けることも少なくありません。 ご利用者様 腰を痛めてから階段を上り下りすることが大変に...
介護コラム

ドアノブを回せない!関節リウマチの方のドア開閉問題は介護リフォームで解決!

「ドアノブを回せなくて困っている」という相談が寄せられましたので紹介します。 ご利用者様 50歳になったころから関節リウマチと言われてもう15年。最近、痛くてドアノブを開けることが大変になりました。昔はなんてこともなかったのですが、今は関節...
介護コラム

介護リフォームで床面の滑り防止と移動の円滑化!転倒リスクを軽減する住宅改修。

介護リフォームは、高齢者や介護が必要な方々の生活環境を改善し、安全性を確保するために重要です。床面の滑り防止は転倒リスクを大幅に軽減し、日常生活に安心感をもたらします。介護保険の住宅改修を利用することで、屋内通路から階段、浴室、屋外まで、さ...
介護コラム

扉の介護リフォームで安全な開閉動作を実現。引戸への変更だけじゃない、ドアから変わる日常生活。

日常生活の中で、扉は住宅に欠かせない要素ですが、高齢者や身体的制約のある方にとっては大きな困難となることがあります。 扉に関連するトラブルが、予想以上に深刻な影響を及ぼすものとなり得ます。ここでは、扉の開閉にまつわる様々な問題に、介護リフォ...
介護コラム

スロープ設置で段差解消!車いす・歩行器の移動を安全に。介護リフォームの注意点

バリアフリーな住宅を実現するための段差解消やスロープ設置について詳しく解説します。 日常生活において、家の中や外での段差は誰にとっても課題です。本記事では、庭や玄関、そして廊下における段差の解消方法、スロープの設置に関わるポイントを含めて、...
介護コラム

住宅改修が必要な理由書の書き方!市町村を納得させる住宅改修理由書のポイントと記入例をわかりやすく紹介

介護保険で住宅改修を行うためには「住宅改修が必要な理由書」が必要です。 実は多くのケアマネジャーが、この理由書作成に頭を悩ませているのです。 住宅改修理由書の作成はなぜ大変なのか。住宅改修理由書を効率よく作るためのポイントはどこにあるのか。...
介護コラム

失敗しない手すりの選び方!介護リフォームに適した手すりの種類は?

介護リフォームは、安全で快適な居住環境を確保するため、高齢者の暮らしに不可欠な要素です。その中で、手すりの設置は体力や筋力、可動域制限のある方々のために特に重要な改修内容です。しかし、手すりを選ぶ際に、「どの手すりでも同じ」ということはあり...
介護コラム

階段の介護リフォーム、転倒・転落の重大事故を防ぐ住宅改修のポイント!

階段の上り下り、不安で諦めていませんか? 戸建て住宅に暮らす高齢者の生活では、階段昇降が高い頻度で行われることもあります。ベランダに洗濯物を干すために階段で2階に上がり、日中は日当たりのいい自室で読書をし、夜は2階の寝室に移動する。しかし、...
介護コラム

快適で安全な移動を実現する、廊下の介護リフォーム。手すりなど住宅改修のポイント。

長い廊下、足が前に出ない。廊下の移動で息切れする。そんな悩みを持っている人はいませんか? これまでトイレや浴室など、自宅内の設備に関する介護リフォームについて紹介してきましたが、多くの住宅では廊下を経由してそれぞれの場所にたどり着きます。廊...
介護コラム

屋外の介護リフォーム!住宅改修・バリアフリー化で外出・社会参加を支える

「介護リフォーム」というと、ご自宅の屋内をイメージされる方が多いようです。屋内にあるトイレ・浴室・階段などのリフォームに意識が向きやすいですが、敷居内で必要な場所であれば、屋外でも介護保険住宅改修の対象となります。 通院やデイサービスの利用...