ケアマネジャー

介護コラム

介護休暇とは?取得の条件や注意点、給付金の有無、介護休業との違いや使い分けについて解説

厚生労働省の雇用動向調査によると、2020年に離職した約727万人のうち、介護・看護を理由に離職した「介護離職」の人数は約7万人*1に及ぶことが明らかになっています。厚生労働省では介護離職を予防するために、「介護休暇」や「介護...
介護コラム

介護休業給付金とは?支給条件や申請方法、もらえないケースについても解説

厚生労働省の雇用動向調査によると、2020年に離職した約727万人のうち、介護・看護を理由に離職した「介護離職」の人数は約7万人*1でした。現在、日本では介護離職も深刻な問題となっており、国を挙げて仕事と介護との両立を支援しています。...
介護コラム

デイケアをわかりやすく解説ー 目的・費用・サービス内容など

デイケアは正式名称を「通所リハビリテーション」といいます。リハビリ施設に日帰りで通い、医学的なリハビリテーションを受けることができるのが特徴です。この記事では、デイケアの概要や料金、デイサービスとの違い、自分に合った施設の探し方などを...
介護コラム

認知症の方の要介護認定のポイント。使えるサービスや施設についても解説

内閣府の高齢社会白書によると、65歳以上の要介護者(総数)における、介護が必要となった主な原因で最も多いのは「認知症」*1です。また、2025年には65歳以上の高齢者の約5人に1人が認知症になるとの推計*2もあり、認知症と介護は切り離...
介護コラム

要介護度が最も高い、要介護5とは?利用可能なサービスや施設、費用負担の軽減制度について解説

要介護度5は、要介護認定の中で最も介護が必要される段階に位置し、介護なしで日常生活を送ることはほぼ難しく、全面的な介助が必要になります。要介護5ともなると、最期の過ごし方についてもご家族で具体的に話をしていくことも大事です。この記事で...
介護コラム

要介護4とは?要介護5との違いや、かかる費用、施設への入居について解説

要介護4は、7段階ある要介護度(要支援を含む)の中で、介護状態が2番目に重い状態になります。要介護度4ともなると、在宅介護の負担も増えることから施設入居を検討するご家族の方も増えてきます。ここでは、要介護4と認定された方のご家族の方に...
介護コラム

要介護3とはどんな状態?他の要介護度との違いやサービス、費用の目安などについて解説

要介護3は、7段階ある要介護度(要支援を含む)の介護状態が重い方から3番目に位置し、要介護2よりもできることがさらに限られてきています。要介護3になると、これまで以上に本人や家族の身体的・精神的負担も大きくなっている可能性があり、介護...
介護コラム

要支援2とは?要介護1との違い、支給限度額や受けられるサービス、費用などについても解説

家事や身支度などの日常生活に一定のサポートが必要となる状態を「要支援状態」といいます。要支援2は、要支援1の状態よりわずかに介護状態の必要度が増した状態で、要介護1の前段階に位置します。ここでは、要支援2と要介護1の違いや、支給限度額...
介護コラム

要介護2とはどんな状態?要介護2で利用できるサービスや施設について解説

要介護2では、日常の生活動作において部分的もしくは全体的に介護が必要な状態です。要介護2に認定された段階では、身の回りのことが思うように自力でできなくなってきているため、つらい思いをしてしまう方もいらっしゃいます。要介護2と認定された...
介護コラム

要支援1は一人暮らし可能。要支援2との違いや受けられるサービスを解説

常時介護が必要となる要介護状態まではいかないものの、日常生活で一定のサポートを必要とする状態は、要支援1または要支援2に分類されます。要支援1は要支援2よりも自力でできる範囲が広く、7段階ある介護認定の中で一番軽度の状態です。ここでは...
介護のことはじめ

在宅介護で看取りはできますか?

ユーザーの方から届いた質問に介決サポーターがお答えします。 今回いただいた質問はご自宅での「看取り」に関してのものです。 質問「在宅介護で看取りはできますか」 まずは今回頂いた相談内容を紹介します。 (質問内容)...
介護のことはじめ

「高齢者の自立を助ける」福祉用具の種類

介護保険のサービスは、直接人の手で行うサービスだけに限りません。介護保険サービスには「福祉用具貸与」と「特定福祉用具販売」という福祉用具に関するサービスメニューがあります。 福祉用具がどのように在宅介護で活かされているか、どんな品目...
タイトルとURLをコピーしました