介護報酬改定

介護コラム

新・処遇改善加算で利用料はどう変わる?2024年介護報酬改定による加算一本化、その影響と注意点をわかりやすく解説

近年、高齢化の進展や一人暮らし高齢者世帯の増加に伴い、介護サービスの需要が急速に増加しています。このような状況下で、介護職員の働きやすさや待遇改善は、介護サービスの質と持続可能性に直結する重要な課題となっています。2040年には69万人の介...
介護コラム

ロングショートステイの利用ができなくなるって本当?60日超えのショートステイ、長期利用に減算適用!(2024年介護保険改正)

ショートステイとは、介護が必要な利用者を短期間受け入れて食事や排せつ、入浴等の支援を行う宿泊サービスです。とはいえ、ショートステイが「ショート」じゃない場合もあります。自宅に帰れない状況にある方などを比較的長期間継続利用することもあります。...
介護コラム

オンラインモニタリング一部解禁!制度改定で変わるモニタリング、そのメリット。新書式、情報連携シートとは?

2024年介護報酬改定も間近に迫り、厚生労働省からも様々な解釈やQ&Aが発表されています。 居宅介護支援事業所にとって注目したいのが「オンラインモニタリング」です。スマホを使いこなしている利用者なんていないからそんなの無理!とはじめから諦め...
介護コラム

「書面掲示規制の見直し」って何?全介護事業所強制デジタル化で重要事項説明・運営規程掲載するホームページが必要!?

介護保険の制度改正・報酬改定について、いくつか記事でまとめましたが、みなさん見ていただけましたでしょうか。 今回はすべての事業者が対象となる共通事項で行われた改正についてスポットを当てます。それが「書面掲示規制の見直し」です。そういえば、な...
介護コラム

[超速報!!]2024年介護報酬単価発表!注目の居宅介護支援費は1086単位/1411単位!訪問介護はまさかのマイナス改定!

2024年から改定される介護報酬の単価が発表されました。3年間はこの単価をもとに介護報酬が支払われるため、介護サービス事業を運営する企業の経営に影響があることはもちろん、サービス利用者が自己負担する金額、さらには介護職員が受け取ることのでき...
介護コラム

2024年介護報酬改定【通所系サービス等】。デイサービス、通所リハビリ、小規模多機能、ショートステイ!豪雪地帯や入浴介助加算見直しなど、制度改正変更点まとめ

2024年介護報酬改定についてまとめてきましたが、サービス種別ごとにまとめる記事としては最後になります。通所介護・通所リハビリなどの通所系サービス、小規模多機能、短期入所(ショートステイ)に関しての変更内容を紹介します。 【この記事をお勧め...
介護コラム

2024年介護報酬改定【共通事項】。介護職員処遇改善加算一本化、BCP未作成減算、重要事項ホームページ掲載!制度改正変更点まとめ

2024年の介護報酬改定について、事業種別ごとの変更もありますが、共通した改定事項もあります。今回はサービス種別共通の改定内容を紹介していきます。 【この記事を読んでほしい人】 在宅の介護サービス事業所の管理者 居宅介護支援事業所のケアマネ...
介護コラム

2024年介護報酬改定【居宅介護支援・介護予防支援編】。ケアマネジャー必見!制度改正変更点まとめ

2024年の介護報酬改定について、大きな変更があった居宅介護支援の項目についてわかりやすくまとめています。介護保険制度の要とも言われるケアマネジャーの役割も制度改定で大きく変わります。この記事では最新の2024年に行われる介護保険制度改定や...
介護コラム

2024年介護報酬改定【訪問系サービス編】。サービス種別ごとの変更点まとめ|訪問介護・訪問入浴・訪問看護等

2024年の介護報酬改定、ようやくその大枠が決定しました。今回は決定した2024年報酬改定の詳細を紹介します。 【この記事をお勧めしたい方】 訪問系サービスの事業所管理者をされている方 ケアマネジャーさんや地域包括支援センターの職員 【1月...
介護コラム

科学的介護とは。従来の介護との違いは?LIFE導入のメリット・デメリット、対象施設の拡大についてわかりやすく解説。

「科学的介護」という言葉を聞いたことはありますか? いま、介護保険制度・地域包括ケアシステムが様々な課題に直面する中、その解決策として期待されているのが科学的介護です。 今回は科学的介護についてのメリットとデメリットを中心に、これからの介護...
介護コラム

ケアマネが足りない!ケアマネジャー不足が引き起こす「ケアマネ難民」問題!契約できない場合の代替策は?(4/22更新)

「ケアマネが足りない!」 いま、介護保険制度の要と呼ばれるケアマネジャーの人手不足が進んでいます。介護保険サービスの調整や提案など、サービスを利用するための入口であるケアマネジャーと契約ができなければ、サービスを利用することが困難になります...